歌舞伎の基本・歌舞伎入門ガイド
南座

京都四条南座

南座は、元和年間(1615~1623年)京都四條河原町に公許された7つの櫓の伝統を今に伝える唯一の劇場です。正式名称は京都四條南座(きょうとしじょうみなみざ)。

四条通りをはさんだ7つのうち、明治を迎えたのは2座のみで、明治26年に北側芝居も廃座となり南座だけが歌舞伎発祥の現在地に残っています。

京都四条南座

江戸時代から続く歌舞伎の劇場で毎年11月末日より12月末まで行われる顔見世公演は京都の風物詩となっています。このときには役者の名前を勘亭流で書いた「まねき」と呼ばれる、白木の看板が劇場の入り口上にずらりと並べられることで有名。2007年現在では、歌舞伎以外の演劇も上演されています(松竹制作の新劇など)。

現存する桃山風の劇場建築は1929年に竣工、1991年に外観を残しつつ最新設備を備えた劇場として改装されたもので、登録有形文化財に指定されています。

■総座席数:  1,086席

■所在地: 〒605-0075京都市東山区四条大橋東詰 TEL:075-561-1155

■アクセス
・阪急電鉄 河原町駅[1番出口]より徒歩3分
・京阪電鉄 四条駅[6番出口]スグ
J・R京都駅からはお車(タクシー)が便利です。

南座公式ホームページはこちらから>>

歌舞伎公演内容・ツアー日程など
歌舞伎ツアー