歌舞伎の基本・歌舞伎入門ガイド
籠釣瓶花街酔醒

籠釣瓶花街酔醒

籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのよいざめ)
次郎左衛門の八つ橋への一途な思いは通じるのか?
廓という社会システムに生きる人々と、純粋な男客との間で繰り広げられる恋愛破局物語です。

【あらすじ】
下野佐野の絹商人次郎左衛門が下男の治六を連れて吉原にやってきた。田舎者をだまして金をふんだくる男からふたりを救ったのは、立花屋の主人長兵衛。

(画像は玉三郎が扮する八つ橋)

その忠告をきいて宿へ帰ろうとしたところに兵庫屋の花魁(おいらん)九重の道中が通りかかる。あまりに見事なので見とれていると、続いて八ッ橋の道中がやってきた。

江戸一番とも言われる八ッ橋の、まばゆいばかりの艶やかさに、次郎左衛門はすっかり魂を奪われてしまうのだった。

上演時間は2時間

歌舞伎公演内容・ツアー日程など
歌舞伎ツアー