歌舞伎の基本・歌舞伎入門ガイド
白浪五人男

白浪五人男

世話物歌舞伎狂言の代表作。
華やかに舞台を彩る、白波五人男や弁天小僧が聞かせる有名な七五調の名台詞などなど、見どころたっぷりの内容で、歌舞伎の演目の中でも代表作のひとつです。

七五調のせりふを自在に活かす名手・河竹黙阿弥が筆をふるった、ゆびおりの人気作品。
白浪は、中国がルーツの、「盗賊」をあらわす歌舞伎のキーワード。
白浪五人男、つまり五人の盗賊チームが、それぞれの個性を、舞台せましとまき散らす。

【あらすじ】

浜松に生まれ、東海道をまたにかける大泥棒・日本駄右衛門。
ただし、盗みはすれど、非道はせず。五人男のリーダー。

江ノ島の弁財天のお稚児さんが、悪の道へとふみ入ったのが、弁天小僧菊之助。
女に化けた美人局はお手のもの。

ガキのころから手クセが悪く・・・何かにつけてこれが気まり文句の忠信利平。
月の武蔵の江戸育ち、が自慢。

武家のお小姓が身を持ち崩した赤星十三郎。
ユニセックスな色気の持ち主。赤星、にちなんで衣装には、北斗七星の絵。

浜育ちの野生児。南郷力丸。弁天小僧の兄貴分。
五人男が船で行動するときは、彼が船をこぐ。

振袖姿のお嬢様に化けた弁天小僧の、呉服店・浜松屋での、ゆすりたかり騒動はとくに有名。「知らざぁ言って聞かせやしょう」の名ぜりふが痛快。

「月もおぼろに白魚の・・・・こいつぁ春から縁起がいいわぇ」の三人吉三と白浪劇の双壁をなす。

歌舞伎公演内容・ツアー日程など
歌舞伎ツアー