1. 歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・宇都谷峠(うつのやとうげ)

    本命題/蔦紅葉宇都谷峠 通称/宇都谷峠、文弥殺し河竹黙阿弥作の世話物。安政三年(1856)九月、江戸市村座初演。按摩の文弥殺しがストーリー展開の中心になっているが、白浪物ではない。あらすじ東海道鞠子の宿の旅籠、藤屋。大部屋にもう一人、客が加わった。江戸で居酒屋を営む伊丹屋十兵衛である。十兵衛の妻おしずは大恩ある旧主の娘で、幼いときに誘拐され吉原に身を…

  2. 外郎売

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・外郎売(ういろううり)は市川團十郎の十八番です

    外郎売は市川團十郎の十八番といってもいい歌舞伎の中でも人気の演目です。外郎売の口上はアナウンサーが滑舌の練習によく使います。享保三年(1718)一月…

  3. 伊勢音頭恋寝刃

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)

    通称/伊勢音頭近松徳三作の世話話。寛政八年(1796)七月、大坂角の芝居初演。同年、伊勢の茶屋で実際に起こった刃傷事件を直後に舞台化したもの。…

  4. 十六夜清心

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・十六夜清心(いざよいせいしん)

    本名題/花街模様薊色縫 通称/十六夜清心河竹黙阿弥作の世話物。安政六年(1859)、江戸市村座初演。江戸城御金蔵破りの事件にからませていたので、幕府の命によ…

  5. 明烏

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・明烏(あけがらす)

    本名題/明烏花濡衣(清元)、明烏六花曙(義太夫)、明烏夢泡雪(新内)通称/明烏、浦里時次郎実説の情話が新内の名曲になり、為永春水の人情本になり、さらに嘉…

  6. 着物買取り

    歌舞伎鑑賞のマナーと服装

    着物を売るなら着物専門の買取業者へ

    家に着なくなった着物があったり、遺品整理をしているときに「着物が出てきた。だけど、家族は誰も着る人がいない」ということありますよね。そういった時は買取に出すこと…

  7. 歌舞伎公演チケット予約

    海老蔵「座頭市」チケット探していませんか?

    新春2月六本木歌舞伎では、市川海老蔵の座頭市公演チケットが購入できます。すでにチケットは11月に売り出されており、早くもチケットの完売も間近ですが、当サイト…

  8. 歌舞伎の演目

    石川五右衛門を鑑賞

    11月博多座で市川海老蔵の石川五右衛門を観賞。テレビでも放映されているので、客席は満員。場面は、豊臣秀吉の時代背景、五右衛門が大阪城に侵入して、茶々…

  9. 京都南座

    歌舞伎役者

    京都南座「吉例顔見世興行」

    師走の京の風物詩「吉例顔見世興行」。2105年11月30日~12月26日千秋楽の期間中公演。四代目・中村鴈治郎襲名披露をかねています。中村鴈治郎…

  10. 海老蔵出雲大社公演

    歌舞伎役者

    市川海老蔵、出雲大社で奉納舞踊

    市川海老蔵が10月7日、島根県出雲市の出雲大社で奉納舞踊を行い、島根つかりのヤマタノオロチ神話の英雄スサノオノミコトを演じた。島根市は歌舞伎を創始したとされ…

歌舞伎
  1. 南座

    全国の歌舞伎場

    京都四条南座
  2. 歌舞伎の演目

    熊谷陣屋(くまがいじんや)
  3. 京都南座

    歌舞伎役者

    京都南座「吉例顔見世興行」
  4. 歌舞伎観賞の服装

    歌舞伎鑑賞のマナーと服装

    歌舞伎観劇の服装
  5. 松竹座

    全国の歌舞伎場

    大阪松竹座
PAGE TOP