助六由縁江戸桜

歌舞伎の演目

助六由縁江戸桜

助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどじょう)
「歌舞伎十八番」の1つで、通称『助六』とよばれています。
曽我五郎時致(そがのごろうときむね)は、花川戸の助六(はなかわどのすけろく)という侠客となって、源氏の宝刀友切丸(ともきりまる)を探し出すため吉原に出入りしています。

三浦屋の傾城揚巻(あげまき)と恋仲になった助六は、吉原で豪遊する意休(いきゅう)という老人が、この刀を持っていることを聞きだし、奪い返すというストーリーです。

助六由縁江戸桜

【あらすじ】

前半には、助六との仲を意休に責められた揚巻が、悪態(あくたい)[悪口]で言い返す場面があります。
揚巻は、助六と意休を雪と墨に例え、また「くらがりで見ても助六さんと意休さんを取違えてよいものかいなァ」と命がけで言い放ちます。

ここは、揚巻を演じる立女方(たておやま)の貫禄を示す重要な場面です。

助六の「花道(はなみち)」からの出は、紫の鉢巻の由来を含めた助六の自己紹介ともいえる「河東節(かとうぶし)」の語りに合わせ、颯爽(さっそう)と舞踊のように演じられます。

このくだりは、「出端」とばれており、助六を演じる俳優の最初の見せどころです。

助六という役は、荒々しく豪快な「荒事(あらごと)」とやわらかく優美な「和事(わごと)」の要素を兼ね備えた役で、出端の振りにもこの役の性格がうかがえます。

なお「河東節」は、市川團十郎家(いちかわだんじゅうろうけ)の俳優が助六を演じるときに限って使用されます。

その他の家の場合は、尾上菊五郎家(おのえきくごろうけ)では清元(きよもと)、片岡仁左衛門家(かたおかにざえもんけ)は「長唄(ながうた)」を使用し、作品タイトルも変えて上演します。

上演時間は2時間

関連記事

  1. 明烏

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・明烏(あけがらす)

    本名題/明烏花濡衣(清元)、明烏六花曙(義太夫)、明烏夢泡雪(新内)…

  2. 本朝廿四孝

    歌舞伎の演目

    本朝廿四孝

    本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)武田信玄【たけだしんげん】と…

  3. 伊勢音頭恋寝刃

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)

    通称/伊勢音頭近松徳三作の世話話。寛政八年(1796)七月、大坂角…

  4. 籠釣瓶花街酔醒

    歌舞伎の演目

    籠釣瓶花街酔醒

    籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのよいざめ)次郎左衛門の八つ橋への一…

  5. 夏祭り

    歌舞伎の演目

    夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)

    大阪で起きた魚屋による殺人事件を題材にした演目で、全九段の大作として知…

  6. 歌舞伎の演目

    石川五右衛門を鑑賞

    11月博多座で市川海老蔵の石川五右衛門を観賞。テレビでも放映されて…

  1. 鏡獅子

    歌舞伎の演目

    鏡獅子
  2. 歌舞伎座

    全国の歌舞伎場

    歌舞伎座
  3. 義経千本桜

    歌舞伎の演目

    義経千本桜
  4. 歌舞伎のお土産

    歌舞伎おせち
  5. 雪暮夜入谷畦道

    歌舞伎の演目

    雪暮夜入谷畦道
PAGE TOP