勧進帳

勧進帳 歌舞伎の演目
この記事は約1分で読めます。

歌舞伎の代表的な演目ですね。
源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の安宅の関(石川県小松市)での物語。

能の『安宅』をもとにして松羽目物<まつばめもの>として脚色した作。

【あらすじ】

義経一行は武蔵坊弁慶を先頭に山伏の姿で通り抜けようとする。しかし、関守の富樫左衛門の元には既に義経一行が山伏姿であるという情報が届いていた。焼失した東大寺再建のための勧進を行っていると弁慶が言うと、富樫は勧進帳を読んでみるよう命じる。

弁慶はたまたま持っていた巻物を勧進帳であるかのように装い、朗々と読み上げる。富樫は通行を許すが、部下の1人が義経に疑いをかけた。

弁慶は主君の義経を金剛杖で叩き、疑いを晴らす。
危機を脱出した一行に、富樫は失礼なことをした、と酒を進め、弁慶は舞を披露する。

タイトルとURLをコピーしました