勧進帳

歌舞伎の演目

勧進帳

歌舞伎の代表的な演目ですね。
源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の安宅の関(石川県小松市)での物語。

能の『安宅』をもとにして松羽目物<まつばめもの>として脚色した作。

【あらすじ】

義経一行は武蔵坊弁慶を先頭に山伏の姿で通り抜けようとする。しかし、関守の富樫左衛門の元には既に義経一行が山伏姿であるという情報が届いていた。焼失した東大寺再建のための勧進を行っていると弁慶が言うと、富樫は勧進帳を読んでみるよう命じる。

弁慶はたまたま持っていた巻物を勧進帳であるかのように装い、朗々と読み上げる。富樫は通行を許すが、部下の1人が義経に疑いをかけた。

弁慶は主君の義経を金剛杖で叩き、疑いを晴らす。
危機を脱出した一行に、富樫は失礼なことをした、と酒を進め、弁慶は舞を披露する。

関連記事

  1. 助六由縁江戸桜

    歌舞伎の演目

    助六由縁江戸桜

    助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどじょう)「歌舞伎十八番」の1つ…

  2. 東海道四谷怪談

    歌舞伎の演目

    東海道四谷怪談

    東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)常に新しいことに挑戦し…

  3. 伊勢音頭恋寝刃

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)

    通称/伊勢音頭近松徳三作の世話話。寛政八年(1796)七月、大坂角…

  4. 仮名手本忠臣蔵

    歌舞伎の演目

    仮名手本忠臣蔵

    おなじみ仮名手本忠臣蔵。大石内蔵助が主君浅野匠頭の仇討に、吉良上野介の…

  5. 本朝廿四孝

    歌舞伎の演目

    本朝廿四孝

    本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)武田信玄【たけだしんげん】と…

  6. 十六夜清心

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・十六夜清心(いざよいせいしん)

    本名題/花街模様薊色縫 通称/十六夜清心河竹黙阿弥作の世話物。安政…

  1. 明烏

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・明烏(あけがらす)
  2. 籠釣瓶花街酔醒

    歌舞伎の演目

    籠釣瓶(かごつるべ)
  3. 着物で観劇

    歌舞伎の基本

    着物姿で観劇
  4. 伊勢音頭恋寝刃

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)
  5. 菅原伝授手習鑑

    歌舞伎の演目

    菅原伝授手習鑑
PAGE TOP