歌舞伎の基本

歌舞伎の基本

着物姿で観劇

歌舞伎座は、入り口と劇場を繋ぐ赤いじゅうたんが目に飛び込んで一気に和の世界に引き込まれます。 普段あまり着る機会のない着物を着た女性グループも目立ちます。 歌舞伎の観劇なら着物を着て出かけてみたいと思いますよ。 おなじみさんは、きちっ...
歌舞伎の基本

立役、女形の決まり

立役とは、男性を演じる俳優、女形とは、女性を演じる俳優のこと。 代々歌舞伎俳優という御曹司であれば、それぞれの家の芸があり、得意の役どころを演じることから「○○家なら立役中心」、「○○家なら女形が中心」と、生まれた家によってどちらを演じる...
歌舞伎の基本

江戸歌舞伎と上方歌舞伎の違い

江戸歌舞伎の大スターは「荒事」と呼ばれる勇壮な作品を得意とする市川團十郎。 一方、上方歌舞伎の大スターは、「和事」と呼ばれる細やかな情愛を描く作品を得意とする坂田藤十郎と、人気俳優もそれぞれ土地の好みを反映しています。 人口の男女比...
歌舞伎の基本

歌舞伎の襲名とは

襲名とは、大先輩のマナ絵をもらうこと。 多くは、親子代々で名を継ぎます。 襲名すると名前は、かつて芸と人気でその名を知られた、先人たちのものなので、その名を受け継ぐことは、その名に恥じない実力を身に付けたか、あるいは今後身につけると...
歌舞伎の基本

歌舞伎俳優の屋号

江戸時代、歌舞伎は上品で高尚なものではないとされ、幕府から蔑まれていたため、歌舞伎俳優の身分は低かったのです。 そこでご贔屓筋が「せめて士農工商の商人の身分に」と、店を持たせてくれたのです。 お世話になったご贔屓筋の名前を店名(屋号...
歌舞伎の基本

御曹司って?

代々歌舞伎俳優の家に生まれたのが御曹司。 歌舞伎俳優がみんな御曹司なのかといえば、そうとも限りません。 もちろん、主役級の俳優の多くは、先祖代々歌舞伎役者という御曹司がほとんど。 ですが、舞台で大活躍している五代目・坂東玉三郎や六代目...
歌舞伎の基本

歌舞伎は庶民の娯楽

江戸時代、歌舞伎は庶民の熱狂的な支持を得て、役者の物まね教室までできるほどの人気ぶりでした。 芝居見物となれば、行く前に周囲へ吹聴してうらやましがらせ、行ってきたら芝居の内容を語って聞かせ、また自慢するというのまで、芝居見物の楽しみのひと...
歌舞伎の基本

歌舞伎用語集

時代を超えて舞台で生き続ける言葉の意味を知ることで歌舞伎はもっと面白くなります。歌舞伎鑑賞のために知っておくと便利な歌舞伎用語を紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle |...
歌舞伎の基本

歌舞伎の音楽

演技に合わせて、場面を効果的に盛り上げる重要な部分 ▼「長唄」 (上図は勧進帳の場面) 「勧進帳」「京鹿子娘道成寺」「鷺娘」など歌舞伎で最も多く使われる音楽。舞踊の伴奏や芝居の背景に流れる音楽も担当します。明るく、流れるような...
歌舞伎の基本

役柄と扮装

衣装や化粧で、人物の性格まで表現します。 ▼立ち役 善人の男性の役の総称。元は、座って演奏する音楽演奏者を地方、立って演じる演技者を立方と呼んでいましたが、その後、女形と子役を区別して男役だけを指すようになりました。役柄の細分化に伴い善...
タイトルとURLをコピーしました