歌舞伎の演目

歌舞伎の演目

雪暮夜入谷畦道

雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりあぜみち) 直侍は悪事の末追い詰められ、江戸を逃れる前に恋人三千歳に別れを告げようと、入谷の雪道を辿ります。立ち寄った入谷の蕎麦屋で直侍は、按摩の丈賀に手紙を託します。直侍、彼を追う二人の捕手、丈賀、蕎麦屋...
歌舞伎の演目

助六由縁江戸桜

助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどじょう) 「歌舞伎十八番」の1つで、通称『助六』とよばれています。 曽我五郎時致(そがのごろうときむね)は、花川戸の助六(はなかわどのすけろく)という侠客となって、源氏の宝刀友切丸(ともきりまる)を探...
歌舞伎の演目

勧進帳

歌舞伎の代表的な演目ですね。 源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の安宅の関(石川県小松市)での物語。 能の『安宅』をもとにして松羽目物として脚色した作。 【あらすじ】 義経一行は...
歌舞伎の演目

狂言(演目)の分類

時代背景を知るとより楽しめる、歌舞伎の演出 ▼時代物と世話物(じだいものとせわもの) 歌舞伎の演目は、その内容から大きく時代物と世話物に分けられます。 時代物は主に公家や武家の社会を扱った作品で、江戸時代の人々から見た時代劇の...
タイトルとURLをコピーしました