歌舞伎の基本

歌舞伎は庶民の娯楽

江戸時代、歌舞伎は庶民の熱狂的な支持を得て、役者の物まね教室までできるほどの人気ぶりでした。
芝居見物となれば、行く前に周囲へ吹聴してうらやましがらせ、行ってきたら芝居の内容を語って聞かせ、また自慢するというのまで、芝居見物の楽しみのひとつだったほど、誰もが「見たい!」と熱望する娯楽でした。

しかし、芝居小屋はお上からは「悪所」と呼ばれ、武士階級は足を踏み入れてはならないところだったのです。
つまり歌舞伎は身分ある者のものではなく、下々のための娯楽だったのですね。

ですが、芝居小屋には、ほかの客から顔が見えないように御簾のかかった席も用意され、武士階級の者も出入りしていたのです。

歌舞伎が高尚になったのは明治以降。
外国からの賓客に見せるようになったのがきっかけ。
日本の国威を示すために、芝居小屋は絨毯敷きの立派な劇場になり、世界に誇る日本の芸術として、扱われるようになったのです。

華族階級も堂々と劇場に来られるようになり、身分の上下なく誰もが楽しめる、日本を代表する娯楽になったのです。

関連記事

  1. 着物で観劇

    歌舞伎の基本

    着物姿で観劇

    歌舞伎座は、入り口と劇場を繋ぐ赤いじゅうたんが目に飛び込んで一気に和の…

  2. 歌舞伎の基本

    役柄と扮装

    衣装や化粧で、人物の性格まで表現します。▼立ち役善人の男性の役…

  3. 歌舞伎の基本

    歌舞伎用語集

    時代を超えて舞台で生き続ける言葉の意味を知ることで歌舞伎はもっと面白く…

  4. 歌舞伎の基本

    歌舞伎の舞台演出

    ▼「見得」主人公が心理的、物理的な追い詰められ、感情の昂揚が頂点に…

  5. 歌舞伎の基本

    歌舞伎の舞台

    歌舞伎の舞台には様々な機構があり、多様な演出を可能にしています。俳優と…

  6. 江戸歌舞伎

    歌舞伎の基本

    江戸歌舞伎と上方歌舞伎の違い

    江戸歌舞伎の大スターは「荒事」と呼ばれる勇壮な作品を得意とする市川團十…

  1. 市川猿之助・スーパー歌舞伎Ⅱワンピース

    歌舞伎役者

    市川猿之助・スーパー歌舞伎Ⅱワンピース
  2. 外郎売

    歌舞伎の演目

    歌舞伎あらすじ・外郎売(ういろううり)は市川團十郎の十八番です
  3. 歌舞伎観賞の服装

    歌舞伎鑑賞のマナーと服装

    歌舞伎観劇の服装
  4. 白浪五人男

    歌舞伎の演目

    白浪五人男
  5. 中村橋之助・8代目中村芝翫襲名

    歌舞伎役者

    中村橋之助・8代目中村芝翫襲名
PAGE TOP