歌舞伎の演目

仮名手本忠臣蔵

おなじみ仮名手本忠臣蔵。大石内蔵助が主君浅野匠頭の仇討に、吉良上野介の首を討ち取る「忠臣蔵」国民的ドラマでもあります。 【あらすじ】 仮名手本忠臣蔵では、時代設定を室町時代に移して、人物の名前も大石内蔵助を大星由良助、吉...
歌舞伎の演目

菅原伝授手習鑑

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 「子殺し」のメッセージを考えさせられる家庭崩壊劇は見る人の心を打ち、共感を覚えます。
歌舞伎の演目

義経千本桜

義経千本桜【よしつねせんぼんざくら】 1747年(延享【えんきょう】4年)に大坂竹本座【おおさかたけもとざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演されました。 2代目竹田出雲【たけだいずも】・三好松洛【みよし...
歌舞伎の演目

一條大蔵譚

一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり) 人生を生き抜く、生き延びる最大の手段「嘘」について、平清盛が権力をふるう平家の栄華の世を演出した作品です。 【あらすじ】 常盤御前は一條大蔵卿(いちじょうおおくらきょう)と三度目の結...
歌舞伎の演目

本朝廿四孝

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 武田信玄【たけだしんげん】と上杉(長尾)謙信【うえすぎ(ながお)けんしん】の争いを題材とした義太夫狂言【ぎだゆうきょうげん】です。 【あらすじ】 謙信の娘【むすめ】八重垣姫【やえがき...
歌舞伎の演目

東海道四谷怪談

人間見てはいけないと言われると見たくなる・・・。四谷怪談はまさにそれだ。 日本を代表するホラーと言えば東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)。その主役を演じるのがなんといっても「お岩さん」だ。女性が髪を梳かしたり、化粧をする現場を見...
歌舞伎の演目

籠釣瓶花街酔醒

籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのよいざめ) 次郎左衛門の八つ橋への一途な思いは通じるのか? 廓という社会システムに生きる人々と、純粋な男客との間で繰り広げられる恋愛破局物語です。 【あらすじ】 下野佐野の絹商人次郎左衛門...
歌舞伎の演目

雪暮夜入谷畦道

雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりあぜみち) 直侍は悪事の末追い詰められ、江戸を逃れる前に恋人三千歳に別れを告げようと、入谷の雪道を辿ります。立ち寄った入谷の蕎麦屋で直侍は、按摩の丈賀に手紙を託します。直侍、彼を追う二人の捕手、丈賀、蕎麦屋...
歌舞伎の演目

助六由縁江戸桜

助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどじょう) 「歌舞伎十八番」の1つで、通称『助六』とよばれています。 曽我五郎時致(そがのごろうときむね)は、花川戸の助六(はなかわどのすけろく)という侠客となって、源氏の宝刀友切丸(ともきりまる)を探...
歌舞伎の演目

勧進帳

歌舞伎の代表的な演目ですね。 源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の安宅の関(石川県小松市)での物語。 能の『安宅』をもとにして松羽目物として脚色した作。 【あらすじ】 義経一行は...
タイトルとURLをコピーしました