あらすじ

歌舞伎の演目

歌舞伎あらすじ・外郎売(ういろううり)と外郎売セリフ全文 ふりがな付き

外郎売は市川團十郎の十八番といってもいい歌舞伎の中でも人気の演目です。 外郎売の口上はアナウンサーや役者さんが滑舌の練習によく使います。 外郎売(ういろううり)とは? 享保三年(1718)一月、江戸森田座初演。「若緑勢曽我」の一説が独...
歌舞伎の演目

歌舞伎あらすじ・明烏(あけがらす)

本名題/明烏花濡衣(清元)、明烏六花曙(義太夫)、明烏夢泡雪(新内) 通称/明烏、浦里時次郎 実説の情話が新内の名曲になり、為永春水の人情本になり、さらに嘉永四年(1851)二月、江戸市村座の忠臣蔵八段目のあとに清元を地にして舞台化され...
歌舞伎の演目

助六由縁江戸桜

助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどじょう) 「歌舞伎十八番」の1つで、通称『助六』とよばれています。 曽我五郎時致(そがのごろうときむね)は、花川戸の助六(はなかわどのすけろく)という侠客となって、源氏の宝刀友切丸(ともきりまる)を探...
歌舞伎の演目

勧進帳

歌舞伎の代表的な演目ですね。 源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の安宅の関(石川県小松市)での物語。 能の『安宅』をもとにして松羽目物として脚色した作。 【あらすじ】 義経一行は...
タイトルとURLをコピーしました