歌舞伎

歌舞伎の演目

仮名手本忠臣蔵

おなじみ仮名手本忠臣蔵。大石内蔵助が主君浅野匠頭の仇討に、吉良上野介の首を討ち取る「忠臣蔵」国民的ドラマでもあります。 【あらすじ】 仮名手本忠臣蔵では、時代設定を室町時代に移して、人物の名前も大石内蔵助を大星由良助、吉...
歌舞伎の演目

菅原伝授手習鑑

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 「子殺し」のメッセージを考えさせられる家庭崩壊劇は見る人の心を打ち、共感を覚えます。
歌舞伎の演目

義経千本桜

義経千本桜【よしつねせんぼんざくら】 1747年(延享【えんきょう】4年)に大坂竹本座【おおさかたけもとざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演されました。 2代目竹田出雲【たけだいずも】・三好松洛【みよし...
歌舞伎の演目

東海道四谷怪談

人間見てはいけないと言われると見たくなる・・・。四谷怪談はまさにそれだ。 日本を代表するホラーと言えば東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)。その主役を演じるのがなんといっても「お岩さん」だ。女性が髪を梳かしたり、化粧をする現場を見...
歌舞伎の演目

雪暮夜入谷畦道

雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりあぜみち) 直侍は悪事の末追い詰められ、江戸を逃れる前に恋人三千歳に別れを告げようと、入谷の雪道を辿ります。立ち寄った入谷の蕎麦屋で直侍は、按摩の丈賀に手紙を託します。直侍、彼を追う二人の捕手、丈賀、蕎麦屋...
歌舞伎の演目

勧進帳

歌舞伎の代表的な演目ですね。 源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際の加賀国の安宅の関(石川県小松市)での物語。 能の『安宅』をもとにして松羽目物として脚色した作。 【あらすじ】 義経一行は...
歌舞伎の基本

歌舞伎の舞台演出

▼「見得」 主人公が心理的、物理的な追い詰められ、感情の昂揚が頂点に達した時に、劇中、動きを止めて形を決める歌舞伎特有の演技をいいます。 黒目を寄せてにらむ、口を開けて目を剥くなど、極端な表情や姿形で、まさに息詰まる瞬間の主人公...
歌舞伎の基本

歌舞伎の舞台

歌舞伎の舞台には様々な機構があり、多様な演出を可能にしています。俳優との親近感をもたらす花道や素早い舞台転換を可能にする回り舞台は、歌舞伎が生んだ世界に誇る舞台機構。自在に空間を変え、物語を効果的に伝える。こうした舞台の構造や仕組み、ちょっ...
タイトルとURLをコピーしました